ホーム>メニュー>ニキビ治療>【Q&A】ニキビ根本治療よくある質問【皮膚科専門医とエステの融合】
ニキビ治療

【Q&A】ニキビ根本治療よくある質問【皮膚科専門医とエステの融合】

 

海外のスペシャリスト皮膚科医専門医と

大阪エステルームラティアによる融合で

ニキビの根本治療を行い

肌質から根本改善へと導きます

 

3年以上

ニキビに悩む方に向けた根本治療です

 

>>治らないニキビ根本治療の詳細<<

 

 

今回はこのニキビの根本治療のよくある質問にお答えします。

アキュテイン大阪ブログ症例写真

 

 

ニキビの治療はどんな薬を使いますか?

ビタミンAの誘導体「イソトレチノイン」を有効成分としたアキュテインを中心に使用します。

 

イソトレチノインは、1982年にアメリカの政府機関「FDA(米国食品医薬品局)」の認可を受けたニキビ治療に用いられる内服薬です。

 

診断・処方はドクターの元で行われます。

 

 

アキュテイン治療をしたけど治らなかったです。私には合わない治療ですか?

 

日本の治療では改善しなかった方、副作用がひどすぎて諦めたという結果は多く報告されています。

 

副作用のフォローがされず、ただアキュテインを処方するだけだと副作用(好転反応・ニキビが一時的に悪化)が大きくなってしまいます。

 

痛みや炎症で生活に支障をきたすため、途中でギブアップされる方も多いようです。

 

アキュテインは日本の皮膚科でも保険適用外で処方していただける薬ですが、医師によって投薬の方法は違います。

 

投薬にも技術が必要です。投薬するドクターによって、改善の差や副作用の差は出てきます。

 

ドクターマセソンの治療では副作用を最小に抑えた治療で生活に支障がでることはありません。

 

安心してくださいね。

 

 

アキュテインの内服薬の副作用が心配です

 

アキュテインは、医薬品ですので効果と副作用が明確です。皮膚科専門医が責任をもって副作用を考慮し、細心の注意を払って投薬が行われます。

 

アキュテインを服用する際の副作用については、治療前にしっかりと説明を行います。

 

その際に、安心して治療を受けられそうだと判断していただければ治療を開始します。

 

納得されていない治療を受けるのはおススメしません。

 

>>厚生労働省アキュテイン(イソトレチノイン)の注意喚起

>>イソトレチノインアキュテインとは

 

 

アメリカの皮膚科医と、どうやって診察するのですか?

 

診察はビデオ通話を使います。

自宅にいながらニキビの根本治療ができます。

 

和英・英和の医療通訳・翻訳は15年の経験を持っているアメリカの医療顧問専門家に直接相談できます。

 

LINEやEメールを使ったサポート体制があります。

質問、相談は医療顧問専門家を通してスムーズに解決します。

 

治療を熟知している医療顧問専門家と、日本の肌の専門家のエステティシャンが常にフォローアップするので副作用やトラブルを最小に抑えるので安心して治療を受けられます。

 

 

治療費はいくらですか?

 

治療の流れ、サポート体制、注意事項、薬の注意事項、治療費の説明を無料相談で説明します。

 

モニター料金もございます。そちらについてもお話いたしします。

 

料金の支払い、契約はOREGON MEDICAL COORDINATORS LLCになります。

 

まずはお問い合わせください。

 

 

日本の健康保険は適用されますか?

 

アメリカの治療は健康保険は適用されません。

 

 

ニキビ治療の期間は?

 

約3ヶ月〜6ヶ月です。

 

スタートプランは3か月のパックとなっています。

スタートプランには。3か月分の治療費・通訳日・お薬代金が全て含まれております。

1クール(3か月)が終わりましたら、肌の状態、金銭面の相談をしながら、患者様の同意の上、治療の継続、休止、終了を決めます。

 

法外な治療費用を請求する事はございません。

ご安心くださいね。

 

 

なぜアメリカの皮膚科医の治療なの?日本のアキュテイン治療との違いは?

日本のアキュテイン治療との大きな違いは、副作用を最小に抑える抗炎症剤の処方があります。

 

治療の中には、スキンケア指導も行われます。

 

エステティシャンが肌の状態を確認するサポートもあります。

 

投薬のみの治療ではないので、安心感が違います。

 

ドクターマセソンの治療は、治療効果を最大限に引き出し、短期間で根本改善へと導きます。

 

 

Robert Matheson, M.D.(以下ドクターマセソン)ってどんな皮膚科医ですか?

 

アメリカの皮膚科専門医 Robert Matheson, M.D.(以下ドクターマセソン)がニキビ根本治療を行います。

 

M.Dとは【専門博士号】の事です。


 

ドクターマセソンは、オレゴンメディカルリサーチセンターの理事会認定皮膚科医および臨床研究者です。

皮膚科学会の中では、有名であり、臨床研究・新薬リサーチ製薬会社の世界では数々のお薬を研究してきました。

 

ニキビの治療はアメリカのオレゴン州での治療実績はNo.1の皮膚科専門医です。

 

ドクターマセソンは内科的にもお薬に対する知識がとても豊富で、乾癬、アトピーに対する生物薬の研究にも携わっています。

 

薬のメリットデメリットを熟知し、薬を使いこなす事が出来るため、副作用を出さず効果をを最大限に引き出します。

 

柔らかい人柄と感性豊かな発想を持ち合わせ、 学歴と経験からとても困難な医療ケースを受け持ち、高い成功率を誇っています。

 

 

ドクターマセソンは【専門の部位/疾患】を専門的に治療しています

ドクターマセソンは【スペシャリスト】です。スペシャリストとは専門の部位/疾患を専門的に治療する医師の事です。

 

ドクターマセソンのようなスペシャリストになるには、フェロー専門医になる為の研修の「フェローシップ」が必要です。フェローシップとはスペシャリストの下で3年~8年の医療訓練が必要となります。

 

専門分野の研究になると、更に追加で1年~3年の医療訓練が必要となります。

 

普通の内科や総合内科医というのは、一般的な病気を【一応】全部治療しますが、手に終えない疾患はスペシャリストに送られます。

 

すさまじい期間の医療訓練を行なってきた数少ないドクターなので、製薬会社が雇う場合があります。

 

とてもいいコンサルタントとなります。コンサルタントとして働く場合は専門知識を使って製薬会社の新薬開発を手伝ったり、開業医のアドバイスをします。

 

自営業のクリニックも経営できます。アドバイザーや大手の病院で治験・研究など、色々な形で仕事が可能で、さまざまな分野で活躍します。

引用元:kanachin-atopi.com/atopi-chiryo2-2/

 

 

ドクターマセソンは、日本人のアトピー性皮膚炎の渡米治療を受け付けており、1991年頃から700名以上を治療しています。

 

メルク製薬会社の副社長白澤博光先生や、アレルギーバスターズジャパン・株式会社ダスキン中央代表 中島光隆さんもご家族がドクターマセソンのアトピー治療を受けてドクターの信頼関係を築いています。

 

ドクターマセソンの 経歴/学歴/臨床研究の資料はこちらからどうぞ。

 


 

 

<その他の質問>

ニキビの塗り薬は使いますか?

ニキビがとても酷い方には、抗生物質や顔に塗るクリームやニキビローションなどは気の遠くなるようなお話です。基本的には使用はしません。

 

 

エステでもニキビは治りますか?

 

軽度のニキビならセルフケア・エステで改善へ導くことも可能です。

全顔・頭皮・胸・背中等に繰り返しできるにきびは、皮膚の慢性炎症性疾患の場合があります。

 

普通のにきびでは、熱が出たり、寝込んでしまったりすることはありません。

難治性のニキビは皮膚科専門医での治療が必要となります。

 

症状は専門家が判断します。

 

 

アキュテインで個人輸入して自己治療してもいいですか?

 

アキュテインは強いお薬です。自己判断での治療は大変危険です。絶対にしないでください。

 

 

治療後のエステや美容医療はいつからスタートできますか?

 

治療後数か月は、アキュテインにより肌が弱くなっております。

医師により判断しますので絶対に自己判断でのエステ・美容医療は辞めてください。

エステルームラティアでサポートプランに入っていれば肌状態のチェックができます。

 


 

 

海外のスペシャリスト皮膚科専門医と

大阪のエステルームラティアによる融合で

ニキビの根本治療を行い肌質から改善へと導きます

 

長期でニキビに悩まされている方に向けた集中治療です

 

【無料】LINEで問い合わせ

 

治療詳細はこちら

↓↓↓

【治らないニキビ】皮膚科専門医とエステで根本改善

 

 

 

 

 

ページ上部へ